オジーとシャロン、大腸内視鏡検査コンテストを開催

コンテストというのは少々語弊があるかもしれない。今回、オジー・オズボーンとその妻シャロン、そして「The Late Show With David Letterman」のアナウンサー、アラン・カルターがCBSとニューヨーク長老派教会病院と提携し、「CBS Cares Colonoscopy」懸賞を創設することになった。
この懸賞を勝ち得た人物は、ニューヨークで大腸内視鏡検査を無料で受けることができるというものだ。ちなみにニューヨークまでの往復航空券とホテルでの宿泊、そして現金500ドルも与えられるとのこと。

59歳になるシャロンは「私の人生は大腸内視鏡検査で助けられたの。オジーが受けろって言うから受けたのよ。この懸賞を知った皆さんが応募して、ドクターと検査の重要性について話し合うチャンスを得ることを祈っているわ」とコメントしている。音楽業界有数のマネージャーで、現在「The Talk」の司会を務めるシャロンは、大腸がんを患った過去があり、早期発見の重要性を説いている。

ニューヨーク長老派教会病院はがん検査、そして消化系疾患の治療における権威として知られている。

オジー自身はブラック・サバスをオリジナルメンバーで再結成し、同メンバーで1978年に発表した『ネバー・セイ・ダイ』以来となるスタジオアルバムをリリースする予定になっている。

■関連リンク
ブラック・サバスの再結成が正式発表!
オジー・オズボーン、爆笑アドバイス本を発売!
ケリー・オズボーン、あの元フィアンセとの浮気騒動について語る
続きを読む