ブルース・スプリングスティーン、スタジオAL緊急リリース! 新曲を公開中

欧州ツアーの日程とサウス・バイ・サウスウェストでの基調講演が決定したブルース・スプリングスティーンが、急遽スタジオ・アルバム『レッキング・ボール』を、3月6日(日本発売は3月21日を予定)にリリースするとの発表をした。さらに、同アルバムのリードトラック「We Take Care of Our Own」が既に<YouToube>にて公開中である。
3年ぶり通算17枚目となるこのスタジオ・アルバムは、11曲のニュー・スタジオ・レコーディングを収録したもので、兼ねてからリリースを予告していたが、具体的な日程については言及されていなかった。長年のマネジャー、ジョン・ランダウは、アルバムの内容について次のように語っている。「ブルースは、現代のビジョンを映し出すために出来るだけ、深く掘り下げているんだ。他にはないストーリーが表現された歌詞と音楽は、近年の彼の中で最も革新的なものになっているんだ」

彼のキャリアの中でも秀でた作品であるとジョンが語る通り、同アルバムは特別な作品に仕上がっているらしい。特別盤には、2曲ボーナストラックとアートワークが付いてくるらしいのでお楽しみに!

前述の欧州ツアーを含む、大規模なツアーも予定しており、今年はライブ活動を勢力的に行っていくと話しているブルースだが、昨年脳卒中で急死したサックス奏者のクラレンス ・クレモンスの代理は誰が務めるのか、ということはまだ発表されていない。

ブルース・スプリングスティーン「We Take Care Of Our Own」

■関連リンク
B・スプリングスティーン&Eストリート・バンド、来年の新作リリースとツアー発表
続きを読む