ジェニファー・ハドソン、自らプロポーズしたことを告白

多くの女性が男性からのプロポーズを夢見ているが、ジェニファー・ハドソンと婚約者デビッド・オタンガの場合はそれとはかなり異なっていたことが、<AOL Music>の報告で明らかになった。
2008年9月のジェニファー・ハドソンの誕生日にオタンガが婚約指輪を渡したが、その数か月後にジェニファーがオタンガに婚約指輪をお返しに贈っている。

ジェニファーは「彼は私の誕生日にプロポーズしてくれたんだけど、自分は婚約指輪をもらっていないと文句を言うんじゃないかなって思ったの。『君は指輪を受け取ったけど、僕は騙されているかも知れないじゃないか』と言うかも知れないって思ったのよ。だから私も指輪を頼んで、『結婚してくれる?』って彼の誕生日(2009年4月)の誕生日にプレゼントとして渡したの。だから私からもプロポーズしたようなものね」と米国のテレビ番組のインタビューで答えている。

ジェニファーとデビッドは既に2009年8月に第1子となる男の子、デビッド・ダニエル・オタンガ・Jr.に恵まれており、今年中には結婚をする予定だが、具体的な日程は明らかにされていない。

ジェニファーは結婚式に関して自分は注文が多いタイプではないと話した上で、「大した結婚式にはならないかも知れないわね。デビッドは私よりセンチメンタルなところがあるし、式に関しては彼も意見を言ってくると思うわ」とコメントしている。

■関連リンク
ジェニファー・ハドソン、息子のためにダイエット大成功!
ジェニファー・ハドソン法廷へ あの惨殺事件の被告人の前で証言
続きを読む