アカデミー賞ノミネート結果に見る、作品またはキャストの明暗

1月24日(火)、今年のアカデミー賞のノミネート結果が発表された。大方の予想通りのものもあれば、そうでないものもある。

おそらく最も驚いた作品賞のノミネートは、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(原題:Extremely Loud & Incredibly Close)』だろう。ジョナサン・サフラン・フォアの同名小説を原作に、スティーヴン・ダルドリー監督がメガホンを取ったこの作品は、911(2001年に起きた米同時多発テロ事件)で命を落とした父親が残した秘密を探ろうとする少年のドラマだ。この作品は批評家と観客それぞれの間でも賛否両論に分かれ、先日行なわれたゴールデン・グローブ賞では蚊帳の外に置かれてしまった。同作からは、マックス・フォン・シドーが助演男優賞にノミネートされている。

無冠の前に、そもそも門前払い状態なのがサスペンス・ドラマ『テイク・シェルター』。マイケル・シャノンが精神的な問題を抱える男を、『ツリー・オブ・ライフ』のジェシカ・チャステインがその妻を演じているのだが、こちらもメジャーな賞からはシャットアウト状態。人気映画批評サイト<Rotten Tomatoes>では92%もの高い支持率を得ているのだが...。

チャステインはその一方で、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』で助演女優賞にノミネート。この作品はアメリカでロングランと好評だったが、監督のテイト・テイラーは監督賞と脚色賞のノミネートを逃している。チャステインの出世作『ツリー・オブ・ライフ』は作品賞に、そしてメガホンを取ったテレンス・マリックは監督賞にそれぞれノミネートされた。

『JUNO/ジュノ』のジェイソン・ライトマン&ディアブロ・コディがタッグを組んだ、ダーク・コメディー『ヤング≒アダルト』も完全に締め出された。主演のシャーリーズ・セロンはゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、共演のパットン・オズワルトにはアカデミー賞助演男優賞へのノミネートが期待されていた。

ファンの期待通りだったのが、大ヒット・ブライダル・コメディー『Bridesmaids』の脚本賞(アニー・ムモーロ&中心人物の1人を演じたクリステン・ウィグ)と、イイ味を出していたメリッサ・マッカーシーの助演女優賞ノミネートだろう。『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』のジャド・アパトーが製作を手がけた話題作だ。

『少年は残酷な弓を射る』で見せた熱演で、先日のゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞、放送映画批評家協会賞でノミネートされたティルダ・スウィントン。だが今回はノミネートされず。

ニコラス・ウィンディング・レフン監督&ライアン・ゴズリング主演の犯罪サスペンス・アクション『ドライヴ』も賞レースからはつまはじき状態に。同作の名優アルバート・ブルックスがノミネートを逃した一方で、批評家からは絶賛&観客からはそっぽを向かれたアクション映画『Warrior』のニック・ノルティが助演男優賞にノミネートされている。

最後はセス・ローゲン&ジョセフ・ゴードン=レヴィット共演の"ガン闘病"コメディー『50/50 フィフティ・フィフティ』。製作総指揮と脚本を担当したウィル・ライザーの実話をもとにした話題作だったのだが、アカデミー賞の主要部門でのノミネートはかなわなかった。

■関連リンク
ブラピ、アカデミー賞へまっしぐら?野球界の常識に挑戦するGMを熱演:「マネーボール」
これが今年No. 1のスペイン映画!! 巨匠を押しのけアカデミー賞にも出品
第84回アカデミー賞「ヒューゴの不思議な発明」が最多11部門ノミネート



■関連フォトギャラリー

7 PHOTOS
Celebrity Birthdays - 23rd to 29th January
See Gallery
アカデミー賞ノミネート結果に見る、作品またはキャストの明暗

Jeanne Moreau was born on 23 January, 1928

Mischa Barton was born on 24 January, 1986

Alicia Keys was born on 25 January, 1981

Eddie Van Halen was born on 26 January, 1955

Nick Mason was born on 27 January, 1944

Elijah Wood was born on 28 January, 1981

Adam Lambert was born on 29 January, 1982

HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む