再結成したSWV、14年ぶりのニュー・アルバムを4月にリリース!

昨年再結成を発表したSWVが、実に14年ぶりとなるアルバム『I MISSED US』をリリースすることを明らかにした。
1992年にデビューした3人組の女性グループSWVは、「'I'm So Into You」「Right Here」「Weak」といったヒットシングルを生み出し、デビューアルバム『It's About Time』、セカンド・アルバム『New Beginning』はプラチナを記録し、90年代のR&Bシーンで一斉を風靡!1998年に解散した後は、ソロでのキャリアをスタートさせたメンバーであったが、長い時を経て、この度ついに再結成を果たす運びとなったのである。

アルバムのリリースは4月10日。既にデジタル・リリースされているリード・シングルは「Co-Sign,」にはなんとビヨンセのヒットメイカーでもあるケイノン・ラムをコラボレーション・ゲストに迎えているが、その他にも制作ではジャジー・フェイ、ブライアン・マイケル・コックスなどが携わっている。

「また一緒にレコーディングができるなんて素晴らしい気持ちよ!私たちが一緒にいるといつもスペシャルなことが起きるの」とSWVは声明している。

■関連リンク
ティンバランドが激白「ずっとアリーヤのことが好きだった」
ストーン・ローゼス完全復活を正式発表! ワールド・ツアーと新作を予定
続きを読む