ミック・ジャガー、英国首相主催イベントへの出演を拒否

イギリス首相、デーヴィッド・キャメロンは自分の音楽の趣味を公表してきたが、最近はあまり音楽を楽しめる状況ではないようだ。ローリング・ストーンズのフロントマン、ミック・ジャガーが「政治に利用された」として、首相の主催するイベントへの出演を拒否したことが発覚したからである。

ジャガーはスイスで行われていたダボス会議で、モデルであるリリー・コールやインターネットを発明したティム・バーナーズ=リーなどと共に外国投資を促すキャンペーンに参加する予定だったが、政治的な活動には参加したくないとしてイベントへの出演拒否を表明。「俺はキャリアを通じて政党に関わることを避けてきているが、ダボスにゲストで呼ばれた時は面白いんじゃないかと思った。というのは、経済や世界的なイベントには常に興味があったからだ。でも俺は自分が単なる政治的な道具として使われているように感じてしまったし、俺と政党との関係性についても嘘が報じられたから、やはり招待には応じないことにするのがベストだろうと判断したんだ」とその理由を説明している。

このことについてイギリス政府側は、「ミック・ジャガー氏がイギリスをサポートする非政治的なイベントに参加できないということに対して、非常に残念に思っています。ジャガー氏が保守党支持者だということについてはこちらからは何も報じていません。これは政治的なイベントではありませんし、イギリスのクリエイティビティを海外にアピールするだけのものです」と英国<Guardian>紙の取材に対して回答している。

■関連リンク
ミック・ジャガー、「Some Girls」のリイシュー盤を語る

ミックとキース、ヒューバート・サムリンの葬儀費用を全額負担!?

キース・リチャーズが語る、ストーンズ結成50周年の可能性

コーン、新曲の中でオバマ大統領を「操り人形」と訴える
オバマ大統領、アル・グリーンの「Let's Stay Together」の売上に貢献

■関連フォトギャラリー
【フォト】ザ・ローリング・ストーンズ
活動歴40年以上!言わずと知れた史上最強のスーパー・バンド「ザ・ローリング・ストーンズ」!
8 PHOTOS
The evergreen rolling stones
See Gallery
ミック・ジャガー、英国首相主催イベントへの出演を拒否

Charlie Watts,Mick Jagger and Keith Richards at the Heathrow Airport on Jun 1,1964 in London,England.

Brian Jones and Mick Jagger maked "Sympathy for the Devil".Jean-Luc Godard has taken the camera on Jul 29, 1968. 

Mick Jagger,Keith Richards,Brian Jones and Charlie Watts on Jun,1964.

Rolling Stones drummer Charlie Watts on 1970. 

Mick Jagger visited the court for divorce mediation on May 3,1979 in London,England. 

Mick Jagger,Keith Richards,Charlie Watts and Ron Wood at the 100 Club on Feb 24,1986 in London,England.

Keith Richards and he's wife on 1985 in London,England.  

Ron Wood married Jo Howard.Charlie Watts,Ron Wood,Jo Howard and Keith Richards on Jan 3,1985.

HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む