スノウ・パトロールのボーカル、がんと闘う若いファンのサポートを約束

スノウ・パトロールのボーカル、ギャリー・ライトボディは、そのソウルフルな声と感動的な歌詞で注目を集めているが、最新アルバム『Fallen Empires/フォールン・エンパイアズ』とはまた別の形で注目を集めそうだ。ギャリーはオークションにサイン入りのギター(グレッチ)を出品し、がんと闘っている若いファン、ヴァネッサ・リドルさんのための寄付金を募ることを発表したのだ。

ギャリーは1月27日にグラスゴーで行われたスノウ・パトロールのコンサートでヴァネッサさんと面会し、ステージ4に進行中の神経性芽細胞腫と戦っている彼女の姿に心を動かされた。がん治療は非常に高額で、ヴァネッサさんの家族がアメリカでの手術資金に困っていることから、ギャリーはギターをオークションに出品することで出来る限りの資金を集めようと決意した。「ヴァネッサにはかなりのお金が必要だし、出来る限りの手助けをしたいと思っている。ギターに沢山のお金を払える人がいるしっかりとしたオークションに出品できればと思っているよ」と彼はコメントしている。

これを受けて、ヴァネッサの父親クリスさんは<Scottish Daily Record>の取材に対し、「ヴァネッサのための資金集めに出来る限りのことをしたいと思っているので、ギターのオークションは素晴らしいプレゼントになりました」とコメントを発表。

ヴァネッサ自身は自分の大好きなバンドのバックステージに行けたことを非常に喜んでおり、「ギャリーは最高だったし、素晴らしい席でコンサートを楽しむことができたわ!」と話しているようだ。


■関連リンク
Xジャパン、タイ洪水被災者支援のためのチャリティ・オークション開催
ジャスティン・ビーバー、ツイッターでの臓器移植を呼びかけに提供者が急増!
ジョン・ボン・ジョヴィ、チャリティ・レストランをオープン
続きを読む