再結成したブラック・サバス、ドラマーのビル・ワード早くも脱退!?

ブラック・サバスのオリジナル・ラインナップでの再結成ツアーと新作の発表は、HR/HMファンが泣いて喜ぶビッグ・ニュースだったのだが、早くも暗礁に乗り上げそうだ。ドラマーのビル・ワードが契約条件に納得がいかないとして活動の続行が難しいこと、つまりは早くも脱退の可能性があることを表明したからである。

「俺は今、ブラック・サバスのメンバーとして活動すること以外に望むものはない。しかしそれは、オリジナルメンバーである俺に対する敬意や尊重の意志が反映された "契約可能" な条件を提示してくれればの話だ。昨年オジー、トニー、ギーザーの3人とレコーディングを行った際も、L.A.で行われた再結成会見の際にも俺は誠意を持って臨んだんだ。しかしその数日後、ほぼ1年近くの交渉を経たにも関らず、さらに納得のいかない契約条項を手渡されたのさ」とワードは自身のブログでファン達にその理由を説明している。

先日報じられたトニー・アイオミの癌の発病により、サバスは活動拠点をイングランドに急遽移すことに決定。ワードもその準備を行っていたのだが、この契約問題が全く解決する方向に向かっていないとのことでことが進まない状態であるという。バンド活動に対する意欲はあるのに皮肉な話である。

「トニーの病状が発覚してからというもの、いつでもイングランドへ渡れるように、毎日そのつもりで暮らしているんだ。それは決して簡単なことではないよ。しかも既にレコーディングしたものがどうなるのか全く知らされず、むしろ解雇宣告をほのめかされているんだぜ(これが初めてのことではないらしいが)。何がどうなっているのか知りたければ、どうやらこの "契約不可能" な契約書にサインするしかなさそうだな」ビルはこの契約に対する不服を、個人的な私欲のためにではなく、自分の家族とハードロックに対する敬意のためとして説明しているが、このままブラック・サバス夢の再結成は空中分解してしまうのだろうか? ファンは気が気でない。

■関連リンク
ブラック・サバスの再結成が正式発表!
今度はオジーが証言、ブラック・サバス再結成の可能性大
続きを読む