ディディ、プレイボーイマンションのパーティー後に入院

2月13日グラミー賞授賞式の後、ディディがひどい頭痛のため入院していたことが明らかになった。

ディディは同日の夜に、チケットが5万ドルもするという超豪華なグラミー賞のアフターパーティーをプレイボーイマンションで開催していたが、その後自宅に戻った時点で片頭痛に見舞われ、病院に向かったようだ。ただし、この片頭痛の原因はパーティーとは全く関係ないものだとされている。

ホイットニー・ヒューストンの突然の死去を受けて、音楽ファンはアーティストの不調や入院について敏感になっているようだが、ディディの場合は特に問題はないようだ。彼はUCLAの緊急治療室に運び込まれた後に治療を受け、回復して既に退院したと言われている。ちなみにこの緊急治療室は、2009年に故マイケル・ジャクソンの死亡が確認された場所として知られている。


■関連リンク
ディディ、グラミー賞のアフターパーティを開催、参加費は5万ドル!
ジャスティン・ビーバー、プレイボーイ・マンションにハマる!?
続きを読む