ピート・ドハーティ、新たな娘の誕生と「血の絵画」について報告

トラブル続きだったピート・ドハーティが新たに子供を授かったというニュースが飛び込んできた。ピートが南アフリカのモデル、リンディ・ヒンストンと一夜限りの関係を持ち、それによって子供が生まれたことが英国<The Independent>紙のインタビューで明らかになったのである。

先週始めには南アフリカの新聞<South African Times>に対してヒンストンが情報を売り、娘の写真も掲載された。これを受けてピートは「彼女が新聞に話したことには凄く驚かされたよ。娘は生後2か月だ。もうこの件については話したくないね」と<The Independent>に語っている。

また、ドハーティは自らの血を使った絵画を制作したことも明らかにした。ロンドンのコブギャラリーで予定されている展覧会でデビューを飾る予定で、エイミー・ワインハウスが自分の血を使って制作した作品も展示される。

エイミー・ワインハウスはピートの指示の元に小さな自画像を描いたとしており、ピートは「エイミーがその絵を描いている時、彼女の親父さんとの電話で、『パパ、今私ピートに言われて自分の血で絵を描いているのよ』って言ったんだ。親父さんには嫌われたよね」と告白している。

<The Independent>のインタビューでは、ドラッグ中毒から身を洗った話や、刑務所である囚人によって股間にフォークを刺されそうになって口論になった話なども語られている。


■関連リンク
エイミーの遺作アルバムジャケットは、ブライアン・アダムスの撮影写真
リリー・アレン、2度の流産を乗り越えて、女の子を出産!
ピストルズのジョニー・ロットンの落書き「原始時代の壁画と同等の価値」!?
続きを読む