Smells Like Teen Spirit、Lithium、Drain You...ニルヴァーナの名曲10選

代表曲「Smells Like Teen Spirit」から、物議を醸した「Rape Me」まで、さまざまな楽曲を世に送り出した伝説のバンド、ニルヴァーナ。AOL Radioのリスナーが選んだベスト10ソングを一挙ご紹介します!



10.「In Bloom」



ニルヴァーナのメッセージを理解しない人々に向けた歌詞が特徴のこのナンバー。やや挑発的な内容ながらも、多くの人に受け入れられ、全米チャートでは最高5位を記録した。

HMVで購入する

view Youtube

9.「Heart-Shaped Box」



当初のタイトルは「Heart-Shaped Coffin(棺桶)」。だがカート・コバーンの未亡人コートニー・ラヴは、カートに贈り物をしたあとに"Box"に変更されたと話している。

HMVで購入する

view Youtube

8. 「All Apologies」



カートが妻コートニーと娘フランシス・ビーンのために書いた1曲。といっても歌詞を指しているのではなく、あくまでも彼女たちの"ピースフルでハッピー、心地よい"ムードをイメージしたのだとか。

HMVで購入する

view Youtube

7. 「Drain You」



この曲から"ちょっと耳障りなノイズ"が聞こえるだろうか? だとしたらそれは、カートがスタジオに持ち込んだ子供のおもちゃの音かも。

HMVで購入する

view Youtube

6. 「Lake Of Fire (Unplugged)」



1994年にカートがこの世を去ったのち、ニルヴァーナは1993年のMTVアンプラグドで録音したアルバムをリリースした。その収録曲でもあるこの「Lake...」は、もともとミート・パペッツの曲で、アンプラグドではミートのメンバーも参加した。

HMVで購入する

view Youtube

5. 「Dumb」



1993年のアルバム『In Utero』からのナンバー。同作はニルヴァーナにとって3枚目にして最後のアルバムとなった。

HMVで購入する

view Youtube

4. 「About A Girl (Unplugged)」



カートがザ・ビートルズの「Meet the Beatles!」を繰り返し聴いたのち、書いたといわれるこの曲。彼は1993年の<ローリング・ストーン>誌のインタビューで、「グランジ・アルバムにおけるガチャガチャとしたR.E.M.風のポップ・ソング」と表現している。

HMVで購入する

view Youtube

3. 「Lithium」



ニルヴァーナの名曲の1つ「Lithium」。ガールフレンドが亡くなったあと、宗教に慰めを見出す男が主人公だ。

HMVで購入する

view Youtube

2. 「Come As You Are」



この曲が完成したときは明確な意図があったわけではないのだが、「俺は銃を手にしないことを誓う」という歌詞は奇妙なことに、カートの1994年の自殺を暗にほのめかしているようにも思える。

HMVで購入する

view Youtube

1. 「Smells Like Teen Spirit」



ニルヴァーナのキャッチ-なナンバーといえばこの曲。バンドをメインストリームに押し上げ、トーリ・エイモスからポール・アンカ(!)まで、数多くのアーティストにカバーされている。

HMVで購入する

view Youtube


■関連リンク
ニルヴァーナ、「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」の144回連続演奏イベント

コートニー・ラブ、ステージでトップレスに!

コートニー・ラヴ、故カート・コバーンや男性関係を綴った告白本を発表

フー・ファイターズ、MTVビデオ・ミュージック・アワードでベスト・ロック・ビデオを受賞


■関連フォトギャラリー
夭折したミュージシャン
ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョプリン、カート・コバーン、ジェフ・バックリィ...早い死に多くのファンが涙した、才能あふれるミュージシャンたち

.ジョー・ストラマー パンク・バンド「ザ・クラッシュ」のボーカリスト、2002年に50歳で死去
2.シド・ヴィシャス 1979年に重度のヘロイン中毒により21歳で死亡。「セックス・ピストルズ」のベーシスト
3.カート・コバーン 1994年27歳の時にショットガンで頭を打ち抜いて自殺。「ニルヴァーナ」のギター・ボーカリスト
4.マーヴィン・ゲイ 1984年44歳の時に父親と口論の末射殺される
5.ジミ・ヘンドリックス 1970年に飲酒と薬の併用により27歳で死亡
6.ビリー・ホリデイ 1959年に肝硬変を悪化させて死亡、44歳だった
7.ジェフ・バックリィ 1997年に水泳中の事故により水死、30歳だった
8.トゥパック 1996年に25歳の時ラスベガスで射殺。原因はアメリカ東西ヒップホップ抗争といわれているが真相は不明
9.ママ・キャス・エリオット 1974年心臓麻痺のため32歳で死去。「ママス&パパス」の元メンバー
10.キース・ムーン 1978年32歳の時アルコール依存症の治療薬を過剰摂取して死亡。「ザ・フー」の全盛期を支えた名ドラマー
11.フィル・オクス 1976年36歳の時に自殺。アメリカのプロテスト・シンガー・ソングライター
12.チャーリー・パーカー 麻薬とアルコール依存の末1955年34歳の時に心不全により死亡。偉大なアルトサックス奏者
13.レフト・アイ 2002年に自ら運転したクルマでの事故により死亡、30歳だった
14.トゥパック
15.ジョン・レノン 1980年40歳の時に狂信的なファンとされるマーク・チャップマンにより射殺
16.リッチー・ヴァレンス 1959年17歳の時に飛行機の墜落事故で死亡。ロックンロールのスター
17.ジム・モリソン 1971年アパートのバスタブで死亡しているのを発見、27歳だった。「ザ・ドアーズ」のボーカル
18.ジェフ・バックリィ
19.ジャニス・ジョプリン 1970年ヘロインの過剰摂取により死亡。伝説の女性ロック・シンガー


19 PHOTOS
夭折したアーティスト
See Gallery
Smells Like Teen Spirit、Lithium、Drain You...ニルヴァーナの名曲10選

Joe Strummer of the The Clash frontman died of suffered a heart attack at age 50 on Dec 22, 2002.  

Sid Vicious of the Sex Pistols bass died of a heroin addiction at age 21 on Feb , 1979.

Kurt Cobain of the Nirvana frontman died of a gun suicide at age 27 on Apr 5, 1994. 

Marvin Gaye died of a gun by his father at age 44 on Apr 1, 1984. 

Jimi Hendrix died of overdose and liquor at age 27 on Sep 18, 1970.  

Billie Holiday died of cirrhosis and drug addiction at age 44 on Jul 17, 1959.  

Jeff Buckley died of water accidents at age 30 on May 29, 1997. 

2Pac died of a gun by the rivalry with the enemy at age 25 on Sep 13, 1996. 

Mama Cass Elliot died of suffered a heart attack at age 32 on Jul 29, 1974. 

Keith Moon of the The Who dram died of a overdose treatment of alcoholism at age 32 on Sep 7, 1978. 

Phil Ochs died of suicide age 36 on 1976.

Charles Parker died of overdose and heart failure at age 34 on Mar 12, 1955.

Left Eye of the TLC died of traffic accident at age 30 on Apr 25, 2004. 

2Pac 

John Lennon of the The Beatles died of a gun by his fans at age 40 on Dec 8, 1980.

Ritchie Valens died of a plane accident at age 17 on Feb 3, 1959.

Jim Morrison of the The Doors frontman died at age 27 on Jul 3, 1971.  

Jeff Buckley.

Janis Joplin died of a overdose at age 27 on Oct 4, 1970.

HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む