DMX、「ドレイクの声、顔、歩き方、髪型...全てが嫌い」

DMXは復帰アルバム『Undisputed』からのファーストシングル「I Don't Dance featuring Machine gun Kelly」のリリース、そしてニューヨークのSOBでの完売ライブのニュースで、今週様々な紙面を賑わせたが、その中でドレイクについて激しい口調で語っていたことが明らかになった。

DMXは2月24日にニューヨークのラジオに出演し、ドレイクを激しく非難する形で評価。ラジオのホストがドレイクについてどう思うかを尋ねた際、DMXは「奴の全てが嫌いだ」とコメントしている。

具体的に何が嫌いなのかという質問に対してDMXは、「声が嫌いだね。あと奴の話の内容も嫌い、顔も嫌い、歩き方も嫌い。髪型も何も全て嫌いだね」と答えているが、その理由については何も語らなかった(もはや生理的に嫌いということだろうか...)。しかし話の中で、ドレイクの所属するYoung Moneyを率いるリル・ウェインとは仲が良いことは強調している。

また、DMXは番組内でリック・ロスについても言及し、「あいつは食い物のことについて喋りすぎだ。どんだけ食べるんだよ」と厳しい言葉で語った。

DMXのニューアルバム『Undisputed』は、今年後半の発売が予定されている。

■関連リンク
ドレイク、背中にアリーヤのタトゥー!
女性ファンの額に彫られたドレイク・タトゥーについて、本人がコメント
ドレイク、元彼女から訴えられる
続きを読む