イギー・ポップ、「絶賛されたり、売れたりするものはすべてクズさ」

ザ・ストゥージズとして、2010年にロックの殿堂入りしたイギー・ポップ。同年には、バンドの1973年のアルバム『Raw Power』のリイシュー盤もリリースした彼に、<Spinner>がインタビューを試みた。

Spinner: ヘンリー・ロリンズからカート・コバーンまで、多くのアーティストが『Raw Power』に多大な影響を受けたと思います。
イギー: 自分がボ・ディドリーとかを聴いて畏敬の念を感じていたように、同じことを感じた人たちがいるなんて不思議な気分だよね。ボは俺にとって偉大な存在だったから、自分へのほめ言葉を聞くと、彼のことを思うんだ。「ワオ、俺って今、ボみたいじゃん」ってね(笑)。お金とか人気とは関係ないんだ。何か違うものなんだよ。「オーケー、俺は(自分に対する)尊敬に見合うだけのことをやってきたんだ」って感じかな。

イギー・ポップ「Real Wild Child (Wild One)」

デヴィッド・ボウイが1973年にRaw Power』で披露したミックスからは、何を思い出しますか?
自分が出したいと思っていたレコードの詳細は、かなりよく覚えているよ。デヴィッドは素晴らしいミックスをしたと思う。大きな問題は次のステップにあった。マスタリングにね。録音されたものがマスタリングされ、リリースされる。その段階まで来ると、もう単なる形式的な行為でしかなかったんだ。(当時は)マネジメントや製作会社なんてものはなかった。だけど、レコード会社は何かを出さなくてはならなかったんだ。そして正直なところ、当時の俺はマスタリングが何なのかをわかっていなかったのさ!

ストゥージズの最初の3枚のアルバムは、何度も(曲を)書いたり、リハーサルを繰り返していた。俺たちは少しずつ曲に取りかかり、それからレコーディングスタジオに持ち込んだんだ。"音楽を加工する" なんてこと自体、あまり理解していなかったってわけ。

デヴィッド・ボウイとの関係は、あなたのキャリアの中で大きな役割を果たしていますね。彼と一緒にやった1976年の「Station to Station」ツアーはどうでしたか?
現実世界で生きるのに自分が学ばなくてはいけない、たくさんのハードな教訓を習った最初の段階だった。(現実世界というのは)本当の音楽業界という意味だけど。まあ、「Station to Station」は素晴らしいツアーだったね。

ボウイとは今でも連絡をとっていますか?
いいや。連絡を取ってはいないけど、完全に音信不通になったわけでもない。奴の電話番号はどこかにあったと思うよ。デヴィッドとは長いこと話をしていないけど、そこから深読みすることは何もないね。

ロックの殿堂入りを果たしたことを、どう感じていますか?
(アメリカの漫画「ピーナッツ」に出てくる)フットボールをするチャーリー・ブラウンみたいなものかな。何度となくノミネートされるんだけど、誰も俺に「ノミネートされたいか?」なんて聞かないし。それから間もなくして電話が殺到し、「負けましたけど、今はどんな気分ですか?」なんて聞いてくるんだ(笑)。

そんなことが、自分の人生で何度も何度も起きるんだぜ! 6回目のノミネートのあとだと思うけど、俺は「わかったよ。『殿堂入りするのに、俺たちには何ができるんだ?』って言うよ」って吐き捨てたんだ。それから俺は、グラミー賞関係のイベントに顔を出したりしたのさ。(殿堂入りの)投票権がある人が見ていないかと、マドンナの曲をカバーしたりもした。音楽業界ではこういうのが幅を利かせるだろ?

グラミー賞に初めてノミネートされたときのことを覚えているよ。当時は1980年代だった。とても気恥ずかしかったね。俺を感心させるのは、カニエ・ウェストみたいなやつさ。「これは本当に大事なアワードで、最高の奴に与えられるべきなんだ! それが俺さ!」ってね。「カニエはよくわかってる!」って思ったよ。俺は音楽業界から長いこと疎外されていたからさ。"良い" なんて言われるものは、全部くだらない。表彰されるものは実に嘘くさい。売れる曲はクズだね。ロックスターは全然 "ロック" していないのさ。今でもそう信じているし、そう感じている。

あなたは「アメリカン・アイドル」でもパフォーマンスをしましたね。誰がこんな事態を予想できたでしょうか?
エージェントが俺に頼み込んだり、脅したりしたから出たんだ。「私はこの25年間で、(今回の出演依頼以外に)あなたに何かをお願いしたことはありません!」ってね(笑)。

だけど同時に、自分がやりたいと思わないとOKしないけどね。それはロックの殿堂と今回の「アメリカン・アイドル」の両方に言えることだよ。(「アメリカン・アイドル」への出演は)楽しかったよ。


■関連リンク
デヴィッド・フィンチャー監督の傑作ミュージック・ビデオ

イギー・ポップ、足を2カ所骨折、西海岸ツアー延期

スノウ・パトロールのギャリーが語る、アルバム製作の楽しさと苦しさ

プロになる夢さえなかったの...アデル AOL独占インタビュー

ヴィンセント・モリセット監督が語る、シガー・ロスの『INNI』製作秘話


■関連フォトギャラリー
バンド名の由来
偉大なバンドは「バンド名」ですらストーリーが存在し、聴衆を酔わせるのだ

1 All-American Rejects:「The All Americans」と「The Rejects」という二つの案を合体させた。決して「全米拒否」といった悪い意味は無い
2 Backstreet Boys:いつだって大概の少年から支持を集める彼らは、謙虚なインスピレーションから発想を得た。1993年結成当時、オーランドの蚤の市「バックストリート・マーケット」(Backstreet Market)にちなんで命名された
3 U2:1960年代にロシア上空で撃墜された米国の偵察機「U-2」。もしくはファンに親しみを込めた「あなたも~」を意味する「You Too~」から
4 Coldplay:大学の友人がかつて組んでいた「コールドプレイ」のバンド名をそのまま頂戴。その友人は現在キーン(Keane)というバンドで名声を得ている
5 Destiny's Child:ビヨンセのママが聖書を開いたページに「Destiny's Child(運命の子供)」という言葉が書いてあった。まさに運命
6 Maroon 5:トップシークレット。メンバーを含め数人しか知らない事実
7 N'sync:ジャスティン・ティンバーレイクのママが5人(ランス、ジャスティン、クリス、ジョーイ、JC)の名前から1文字ずつ取って命名。ハーモニーを意味する単語"SYNC"にもひっかけたママの思惑通り、彼らの歌声は完璧な調和を見せている
8 No Doubt:"No doubt(間違いない!)"はオリジナルメンバーのジョン・スペンスの口癖だった。彼が自殺してしまった後、大事な言葉をバンド名として採用した
9 Snow Patrol:このアイルランドのバンドは幾つかの名前を通り抜けた。彼らはShrugとして、ポーラー・ベアーとして活動していたが、後者の名前は使われていたため現在のバンド名となった
10 Sum 41:夏休みの41日目にパンクキッズの祭典「ワープドツアー」を見に行き、感銘を受け活動を始めた

10 PHOTOS
The Story Behind These Band Names
See Gallery
イギー・ポップ、「絶賛されたり、売れたりするものはすべてクズさ」
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る





続きを読む