レイチェル・ビルソン、「セクシーすぎるファッションは苦手」

レイチェル・ビルソンが、『LUCKY』誌の表紙を務めた。彼女がカバーガールに選ばれたのは、今回で5回目だとか。

表紙ではカルバンのドレスに、ニコラス・カークウッドの靴というスタイルを披露したレイチェル。彼女はインタビューにも応じ、リスクの多い洋服は好きではないと話している。

「セクシーすぎてやや下品にみえるドレスは、あまり好きじゃないの。自分が演じる役で注目の的になるのはいいんだけど、実生活はそうじゃない。(現在出演中のドラマ『Hart of Dixie』のキャラクター)ゾエはニューヨーク出身で、ファッションに関してとても詳しいの。彼女は丈の短い服を着ることが多いわ。それは彼女の"持ち味"だからよ」

レイチェルはまた、セクシーから下品になる"一線"を聞かれ、「実際にその洋服を着てみて、自分がふしだらな女(slut)に思えたら、おそらく(周りからも)そう見えるのでしょうね」と答えている。

レイチェルがこれまで表紙を飾った『LUCKY』誌の表紙ギャラリーはコチラから。

レイチェル・ビルソンのスタイル
Tシャツやキュートなドレスの上にジャケットまたはブレザーを羽織る
ヴィンテージものやヴィンテージ調のドレスが好き
いろんな柄物に挑戦したり、柄物同士を組み合わせる

■関連リンク
ハリウッドきってのファッショニスタ、レイチェル・ビルソンのカバンの中身
新作ドラマから家族のことまで! レイチェル・ビルソン インタビュー

■関連フォトギャラリー

19 PHOTOS
Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち
See Gallery
レイチェル・ビルソン、「セクシーすぎるファッションは苦手」
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む