『glee』が与える影響、赤裸々トーク満載の新番組...アメリカのTVこぼれ話

ドラマやリアリティー番組、トークショーなど、アメリカのTV界からのコネタをまとめてお届けします!


自殺をテーマにした『glee』の反響(ややネタばれ)
日本でも大人気の『glee』といえば、同性愛や障害、いじめなど、さまざまな事柄を取り入れていることで知られる。2月21日に全米で放送されたエピソード「On My Way」では、同性愛者という理由だけで学校でいじめられ、ネット上でも誹謗中傷を受けたカロフスキー(マックス・アドラー)が自殺を図るというショッキングなものだった(自殺は未遂に終わる)。

<The Hollywood Reporter>によると、このエピソードの放送後はトレバー・プロジェクト(The Trevor Project)への電話が3倍に増えたそうだ。このプロジェクトはLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスセクシュアル)や問題を抱えている若者の自殺防止に取り組んでいる団体で、サイトには現在、『ハリポタ』シリーズのダニエル・ラドクリフによるメッセージ動画が掲載されている。同団体の共同設立者ペギー・ラジスキ氏によると、今回のエピソードの内容は『glee』の製作側から事前に情報提供されていたそうで、アクセスや相談の電話が増えることを予想していたそうだ。

また、難しい役どころを演じたアドラーも、世界中で(助けを)必要としている人たちに、こういった形でメッセージを届けることができてよかったとコメントしている。

『glee』劇中映像 ブレイン(ダレン・クリス)が歌うのは「Cough Syrup」


人気セックス・コラムニストの"ぶっちゃけ"新番組
アメリカの人気セックス・コラムニスト、ダン・サベージ(Dan Savage)氏によるユニークな番組が、この春からスタートする。

『Savage U(※)』と題されたこの番組は、氏が全米のキャンパスをまわって学生たちと話をしたり、恋愛関係や責任、セックス、そして愛についての"特別講座"を開くという内容。かなり"ぶっちゃけた"感じになりそうだ。ちなみにゲイであることを公言しているサベージ氏は、自身の夫とともにLGBTの子どもたちのいじめによる自殺を防ぐキャンペーン"It Gets Better"を立ち上げたことでも知られている。

※ダンの名字を取ったものだが、「あなたを猛烈に攻撃する」とも読める。

『Savage U』予告編 MTVでの全米放送は4月3日(火)から
学生「女の子がイク演技をしているって確信する方法はあるんですか?」
サベージ氏「(演技をしていることが)バレないか心配してるの?」(一同爆笑)

Get More: MTV Shows


■関連リンク
レディー・ガガ、LGBTのファンを利用しているとのウワサを断固否定!
『glee』のコーリー・モンテース、「ストレートだけど、同性愛者に偏見はない」
「Glee」、痛ましい事件を受けて10代の同性愛者のために立ち上がる[外部リンク]

■関連フォトギャラリー

11 PHOTOS
レディー・ガガのステージ衣装
See Gallery
『glee』が与える影響、赤裸々トーク満載の新番組...アメリカのTVこぼれ話
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む