NMEアワード、フローレンス&ザ・マシーンが2部門受賞! デイビー・ジョーンズの追悼も

先日グラミー賞、ブリット・アワードの2大音楽賞を制したアデルだが、2月29日にロンドンで開催された<NMEアワード>で、ついに今年の受賞猛ラッシュにストップサインが出た。フローレンス&ザ・マシーンが「最優秀ソロ・アーティスト」「最優秀トラック」の見事2部門受賞を果たしたのである。

ノミニーは、アデルの他にノエル・ギャラガーやラナ・デル・レイといったビッグネーム達ばかりで、「最優秀アルバム」を受賞したザ・ホラーズは実に7部門にノミネートされていた。

授賞式ではアークティック・モンキーズが「最優秀ライブ・バンド」賞を、フー・ファイターズが「最優秀インターナショナル・バンド」賞を受賞。そして「ベスト・ブリティッシュ・バンド」賞を受賞したカサビアンのフロントマン、トム・メイガンが、先日心筋梗塞で亡くなったモンキーズのシンガー、デイビー・ジョーンズにこの受賞を捧げた。「この賞を突然亡くなったデイビー・ジョーンズに捧げたい。僕の母はモンキーズの大ファンだったんだ」と壇上でスピーチし、「モンキーズのテーマ」から一部を歌ったのである。

そしてこの夜の最大の賞、"ゴッドライク・ジーニアス・アワード賞(神がかった天才)"は兼ねてから発表されていた通り、ノエル・ギャラガーの手に渡された。ジョニー・マーから表彰されたノエルは、「CDや、Tシャツ、チケットを買ってくれた皆さんに感謝したい。賞よりもそういうことが大事なんだ。あと、僕に影響を受けたと公言してる皆さん、ありがたくお言葉をちょうだいするよ。ジョニーにも感謝したい。昔オアシスのことを最初に認めてくれたのは彼だったからね。そしてNMEにも感謝を! 20年もオレのことを気に留めてくれていたありがとう」とスピーチを行なった。ノエルはオアシス時代の曲を含むメドレーを披露し、「俺の妻はこの場所にいる中で最もクールな人。これはオレの個人的意見なんじゃなくて事実なのさ」と語り、「If I Had A Gun」を妻に捧げた。

■関連リンク
モンキーズのデイビー・ジョーンズ死去、メンバーが追悼メッセージを発表
アデル号泣! グラミー賞で主要3部門独占、最多6部門受賞の快挙
アデル、ブリット・アワードW受賞! なのにスピーチ中に中指立て!?
続きを読む