モリッシー、フォークランド諸島を「アルゼンチンの領土」と発言

<Contractmusic>の報道によると、モリッシーはフォークランド紛争について、アルゼンチンを支持する構えを見せていることが明らかになった。

モリッシーは先週アルゼンチンのコルドバで行われたコンサートの最中に、「マルビナス諸島(スペイン語でフォークランド諸島)は、みんなが知っている通りアルゼンチンのものだ。だからイギリス人を責めないでくれ。我々はあそこが君たちの島だということを知っているんだ」とコメントした。

フォークランド紛争についてはショーン・ペン、またピンク・フロイドのロジャー・ウォータースなども同じ姿勢を見せている。

ちなみにモリッシーがこの発言を行う前日には、以前所属していたザ・スミスで一緒だったギタリスト、ジョニー・マーも政治的発言をしていた。彼はデーヴィッド・キャメロン現イギリス政権が解散したらザ・スミスを再結成したいとし、「そうなった方がいいと思わないか?」と冗談を飛ばしている。


■関連リンク
モリッシー、NMEを名誉毀損で訴える「私は人種差別主義者ではない」
モリッシー、「いけすかない奴」&「お肉」締め出し令を発動中!?
2011年の音楽業界は '犬' づくし「モリッシー、犬に手を噛まれる」

ザ・ビートルズ、ビリー・ホリデイ...究極のサッド・ソング10選

デフ・レパード、ポイズン、モリッシー...1988年の傑作ナンバー

■関連フォトギャラリー
最も"眠りを誘う"アーティスト
イギリスの大手ホテル・チェーンが「最も"眠りを誘う"アーティスト」を調査、一般投票の結果出された順位を発表した。調査によると、84パーセントの人 は心地よい眠りにつこうと、寝る前に音楽を聴き、25パーセントの人はiPodをかけっ放しの状態で眠りに落ち、13パーセントの人は音楽はいい夢を見る のに役立つと考えているそうだ。

10位:レディオヘッド
9位:レオナ・ルイス
8位:バリー・ホワイト
7位:モーツアルト
6位:テイラー・スウィフト
5位:ジャック・ジョンソン
4位:アリシア・キーズ
3位:スノウ・パトロール
2位:マイケル・ブーブレ
1位:コールドプレイ
2008年にも同ホテルは同じ調査を実施しているが、その時も彼らがトップだった。彼らの音楽は就寝前に聴くのに最適らしい

10 PHOTOS
Music Most Likely To Help People Fall Asleep
See Gallery
モリッシー、フォークランド諸島を「アルゼンチンの領土」と発言
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る


続きを読む