リアーナの父親、「娘は太っている」と発言

リアーナの父親が<Heat Magazine>のインタビューで、リアーナの体型に関し、「正直に言えば、最後にあった時に(リアーナは)ちょっと太ったなと思った」と発言したことが明らかになった。

しかし、この発言の後、「グラミー賞での彼女は素晴らしいルックスだったとし、ダイエットやワークアウトを実行しているせいか、普通の体型に戻っていた」とフォローする発言もしている。

彼がリアーナに対して厳しい発言をしたのは今回が初めてではない。本人によると常にリアーナの体型に関しては厳しい意見を言ってきたようで、「昔は、『太り過ぎだ!』とジョークを言っていた」とコメントしている。

またインタビュー内では体型以外にも触れ、リアーナと恋人クリス・ブラウンの関係に関しては「クリスはナイスガイだが、誰でも間違いを犯すものだ。私だって数多くの過ちを犯してきた。彼女はもう大人だから、自由に判断すれば良い」とコメントしている。

このような発言が続くリアーナの父親だが、彼女を困らせたいだけというわけではなく、「彼女が子供だった時よりも関係が密接ではなくなったのだろう。ただ私たちは家族だし、ずっと彼女に対して怒っているわけではない」とコメントしている。

■関連リンク
クリスティーナ・アギレラ、トラウマを残した父との和解を決意!?
リアーナ、恋人のいない生活にうんざり! 「アデルの歌に自分を重ねすぎて落ち込む」
アデル、父親に「顔に唾をかけてやるわ」と発言
続きを読む