デーモン・アルバーン、オペラを元にしたソロアルバムを発表

多方面に渡る活動で知られるデーモン・アルバーンが、5月8日にソロとしてはデビューアルバムとなる『Dr Dee』を発売することが明らかになった。この作品は昨年オペラ用に書きおろされ、彼の他の活動(ゴリラズ、コンゴ・プロジェクト、ブラー)と同様に大きな位置を占める作品になるようだ。

プレスリリースには「数学者、錬金術師、哲学者、そしてエリザベス1世の顧問を務めていたジョン・ディー(1527-1608)に刺激を受けて制作された18曲」となっており、ジョン・ディーについては「1年の計算方法を定義し、シェイクスピアの世界に生きた人物だが歴史上殆ど語られることがないミステリアスな人物」とされている。また、内容については「アルバーンの声が昔のイングランドの合唱や楽器、そして西アフリカやルネッサンス時代の音と一緒に織り込まれている」と説明されている。

尚、デーモン自身はジョン・ディーについて「黒魔術と一般的な実験の間の微妙な境界線を行き来していた人物」と説明している。

■関連リンク
違法ダウンロード取り締まり法案にT・レズナー、レディオヘッド、リップスなどが反対!
ブルース・スプリングスティーン、スタジオAL緊急リリース! 新曲を公開中
続きを読む