フィオナ・アップル、SXSWで圧倒的なパフォーマンスを披露!

アルバムをリリースするのは7年振り、ロサンゼルスの外でパフォーマンスを行なうのは5年ぶりとあって、フィオナ・アップルのテキサス、オースティンで行なわれている音楽見本市SXSWへの出演は、熱狂的ファンのみならず大きな話題になっていた。しかしただでさえ不安定なフィオナ、おまけに長い間ステージから遠ざかっていた事もあって、果たしてちゃんとしたパフォーマンスが行なえるのかどうか心配されてもいたのも事実。だがどうやら、それは杞憂だったようだ。

ポニーテイルに高く髪を結んだフィオナは、ピンクのスポーツブラと黒のネグリジェ、そして黒いスカートで登場。最初は不安そうな様子でピリピリしたエネルギーを発していたが曲に突入した途端声の力と圧倒的な存在感で会場を一気に緊張感で充満させた。以前とほとんど変わらないルックス、むしろより細くタイトになったようで、余計に野性味溢れるエネルギーを放出しているようだった。「ファスト・アズ・ユー・キャン」などのヒットに交えて新曲も披露したフィオナ、ここでも芯は一切ぶれていないようだった。

ノスタルジー・アクトとバリバリの現役である事の差が、ひとえに生々しさとリアルさであるならば、その夜彼女は圧倒的に後者だった。タイムレスな声の持ち主であり、1度ステージに立てばその放出し続けるエネルギーに誰もが目を離せなくなる。昔からのファン達も心配する事なかれ、フィオナは今も何一つ変る事無くフィオナなのである。

■関連リンク
フィオナ・アップル、ニュー・アルバムのタイトルを発表! 前作に続き今回も超長!!
続きを読む