ジャック・ホワイト、「ホワイト・ストライプスの再結成はあり得ない」

昨年2月に解散を発表した姉弟デュオ、ホワイト・ストライプスであったが、「まあ10年後にはまた再結成するだろう」というのが大方のリアクションだっただろう。しかしジャック・ホワイト曰く、再結成は「メグと僕が破産しない限りおこらない」と念を押した。

<NME>のインタビューで、再結成について訊かれたジャックは「全くあり得ないね。そんなことをする理由が全くない。俺たちはプロ野球を引退すると言っておきながら翌年復活するような人間じゃないんだ。いろんな人たちに『解散します』って言って廻るっていう超面倒なことを散々経てきたんだぜ!?」さらに、「もし再結成するとしたら、2人とも破産して金がどうしても必要になった場合だけだ。そんなの悲惨すぎるけどね」と付け加えた。

ジャックは解散をアナウンスした際、「メグと顔を突きつけあわせて(解散を)決断しなきゃならなかった。だから彼女に、"俺はいずれ自分の名前でレコーディングするだろう。でもその時になって頭の固い連中にホワイト・ストライプスとジャック・ホワイトの違いとはなんだ? 何て言う馬鹿げた論争に巻き込まれるのはごめんだ"って正直に話したんだ」と当時の事を振り返っている。

ジャックのファースト・ソロ・アルバム『Blunderbuss』は、自身のレーベル「Third Man」から4月23日にリリースされる。しかし「ストライプスの再結成はない」と言う残念なニュースにファンは気落ちすることなかれ。先週SXSWのステージに登場したジャックは、ホワイト・ストライプス時代の曲をいくつも演奏していたから、とりあえずライブで彼らの曲が聴けなくなることはなさそうだ。

■関連リンク
キムとサーストンの離婚でやっぱりソニック・ユース解散!?
ブルース・スプリングスティーン、SXSWで吠えるもやや空虚!?
Skrillex、ポップ・シンガーのエリー・ゴールディングと交際中!
続きを読む