ニルヴァーナ、カート・コバーンの未発表アートワークが公開

カート・コバーンが描いたとされる未発表のアートワークが公開された。

公開された4点の絵と1点の素描画、計5作品は、18年前の4月5日に、ヘロイン注射を行った後に銃で頭を打ち抜いて(これに関しては様々な諸説が存在するが)自殺したカート・コバーンの最後の記録だ。

在籍していたニルヴァーナの有名なカタログの数々を、妻のコートニー・ラブと娘のフランシス・ビーンに残して、約20年間の苦悩人生に幕を閉じたカート。今回公開された彼の遺作は、The Fix.comの創始者であるMaer Roshan氏によって明らかにされたものである。

その他の作品はこちらをどうぞ。


■関連ビデオ:コートニー・ラブ
「もしカート・コバーンが生きていたら私が殺してやりたいわ」


■関連リンク
コートニーご立腹、子供向け映画『マペッツ』がニルヴァーナの曲を無断使用!?
コートニー・ラブ、ステージでトップレスに!
コートニー・ラヴ、故カート・コバーンや男性関係を綴った告白本を発表
ニルヴァーナ、「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」の144回連続演奏イベント
続きを読む