ホイットニー・ヒューストン、遺作映画『Sparkle』の予告編が公開

ホイットニー・ヒューストンの遺作となった新作映画『Sparkle』の予告編が、アメリカの報道番組NBC<Today>にて公開された。

1976年の同名ヒット作のリメイク映画で、ガールズ・グループを結成した3姉妹の成功と葛藤、ドラッグとの戦いを描いた本作。その中でホイットニーは姉妹の母親役を演じている。

20年前、主演映画『ボディガード』の大ヒットで映画スターとしても認知されたホイットニーだが、今回は出演に加えてエグゼキュティブ・プロデューサーとしてもクレジットされている。ホイットニーの急逝は、彼女のシーンへのカムバック作になると注目を集めていた矢先の出来事であった。

予告編の中、ホイットニーが娘達に「あなた達には特別な才能が有るって、いつも信じていたわ」と語りかけるシーンがある。しかし、彼女が実際に歌うシーンやドラッグを示唆するような場面は観られなかった。

『Sparkle』は8月17日に全米公開予定である。


ホイットニー・ヒューストン 『Sparkle』 トレーラー



■関連リンク
ホイットニーの遺作映画『Sparkle』、今夏公開
ホイットニー・ヒューストン破産寸前の噂、新作映画で返り咲くか!?
映画共演で芽生えたホイットニーとジョーダン・スパークスの友情
ホイットニー・ヒューストン、15年ぶりに映画に出演か
続きを読む