メガデスのデイヴ・ムステイン、「オバマ大統領はアメリカ生まれではない」と発言

11月の大統領選に向け、様々なキャンペーンが展開される中、デイヴ・ムステインの政治的な発言も増えそうだ。

メガデスのフロントマン、デイヴ・ムステインは保守的な見解を率直に述べる人物として知られているが、最近行われたインタビューでは、オバマ大統領がアメリカ生まれだとは信じられないとしたが、面白いことに、自分はいわゆるバーサー(オバマ大統領はアメリカ生まれではないため、大統領として認められないという保守派)ではないとも発言した。

デイヴは、「オバマ大統領に対しては色々疑問があるが、彼の生まれた土地に関しては疑問には思っていない。間違いなく彼はアメリカ以外の土地で生まれたんだ」とコメントした。

オバマ大統領がアメリカ生まれだということを裏付ける証拠は数多く提出されているが、何故疑うのかという質問に対し、デイヴは、「何故イリノイ州で上院議員に選べられる前まで彼が無名だったのかということさ。彼の記録は全く残っていないんだ」と反論した。その後インタビューの司会者はより多くを語らせようとしたが、デイヴは「話題を変えよう。大統領については話したくない」とした。

デイヴ・ムステインのインタビュー


■関連リンク
テイラー・スウィフト、チャリティ活動で受賞! オバマ大統領夫人が授与
ビヨンセ、オバマ大統領の再選キャンペーンのためにTシャツをデザイン!
コーン、新曲の中でオバマ大統領を「操り人形」と訴える
続きを読む