Google Glassのコマーシャルに使用されている音楽は?

新しいGoogle Glass(Google Goggle)をかけた姿はかなり格好悪いというのはどうやら世界共通の考えのようだ。さておき、Googleの「Project Glass」のCMは、新しい記録方法、そして素晴らしいテクノロジー(地下鉄情報、GPS機能、ビデオチャット機能など)、劇的な進化を紹介している。



しかし、このCMで目立っているのは、使用されている楽曲のようだ。2分30秒のCMのほぼ全編を通して使用されているのはイギリス人のプロデューサー/アーティスト、ステファン・ウィルキンソンの「Lovers'Carvings」という楽曲で、ウィルキンソンはBibioという名義で2005年以降複数のアルバムを発表しながら活動を続けている。

「Lovers'Carvings」は2009年に発売されたアルバム『Ambivalence Avenue』の収録曲で、このアルバムはウィルキンソンの作品の中でも目立たない作品のひとつだ。しかし、リリースされてからしばらく経ったあと、2011年にシングルとして再リリースされ、現在この美しい曲にふさわしい賞賛が与えられているのは喜ばしい話。皆さんもウクレレを手にして、この曲を弾いてみてはいかがだろう。

Listen to "Lovers' Carvings"

■関連リンク
U2のマネージャー、SOPA及びPIPAにおけるグーグルのスタンスを非難
フレディー・マーキュリー生誕65年を祝う、googleアイコンと様々なアーティストたち
続きを読む