ボブ・マーリーのドキュメンタリー映画、劇場公開とともにフェイスブック上でも公開決定

夏に公開される予定のボブ・マーリーの新作ドキュメンタリー映画『Marley』が、劇場公開中にフェイスブック上で有料公開されることが明らかになった。

アメリカの映画作品としては初の試みで、ソーシャル・ネットワークが映画にとって新たな窓口となるという新しい動きである。

フェイスブックは2011年から映画のレンタルという新しいサービスを開始している。<YouTube>や<iTunes>など強力な競合相手が既にいるが、デジタル配信ビジネスは依然として非常に可能性のあるマーケットであるようだ。
 
この作品『Marley』はケビン·マクドナルドの監督作品で、今夏公開される予定。
フェイスブックでの視聴には6.99ドルのレンタル料がかかり、その一部は児童支援チャリティ団体に寄付されるとのことだ。

■関連リンク
ヘヴィ・Dのドキュメンタリーにウィル・スミス、メアリー・J・ブライジらが登場
ポール・マッカートニーの9・11ドキュメンタリー、トロント国際映画祭で上映される
ニール・ヤングのドキュメンタリー映画、いよいよトロント国際映画祭で公開
続きを読む