【『Looper』予告編】J・ゴードン=レヴィットが若き日のブルース・ウィリスに!?

映画『インセプション』は面白かったけど、ジョセフ・ゴードン=レヴィットがもう少し出ていればと思った方はいるだろうか? そんな方への朗報が届いた。

ジョセフの最新作でタイムトラベル映画『ルーパー/Looper(※)』の予告編が、このほど公開されたのだ。彼は劇中で、未来から送り込まれた人々を"始末する"雇われの殺し屋(またの名をルーパー(looper))ジョーを演じている。

たとえ誰であろうとも、言い渡された人物は必ず殺さなくてはいけないジョー。だがターゲットが"未来の自分(演じるのはブルース・ウィリス)"だとわかったとき、人生最大の窮地に立たされる。

『ルーパー/Looper』予告編
「(ルーパーは)たとえターゲットが自分自身でも、絶対に逃してはならない」


そのほかの出演は、エミリー・ブラントやポール・ダノ、ジェフ・ダニエルズ、ドラマ『コバート・アフェア』のパイパー・ペラーボら。映画やドラマのデータベース<IMDb>によると、『ルーパー』の全米公開は2012年9月28日(日本公開は未定)。

※looper(ルーパー)の意味は「シャクトリムシ」だが、「危険でクレイジーな人物」を指すスラングでもある

映画『50/50 フィフティ・フィフティ』で共演したセス・ローゲンとアナ・ケンドリック
セス「ジョセフはこれまで仕事をした中で素晴らしい俳優の1人」

■関連リンク
世界最強の特殊部隊がひた隠す黒歴史 英国政府にも否定された原作が映画化
ブラッド・ピット、新作『The Gray Man』で雇われの殺し屋に!?

■関連フォトギャラリー

7 PHOTOS
映画『DRIVE』
See Gallery
【『Looper』予告編】J・ゴードン=レヴィットが若き日のブルース・ウィリスに!?
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む