ポール・マッカートニー、ジョニー・デップとナタリー・ポートマン出演の新曲PVを監督

ポール・マッカートニーはこれまで様々なことを成し遂げてきたが、70歳を目前にし、彼はその経歴に監督業も組み込むことになりそうだ。

ポール・マッカートニーは自身の最新シングル『マイ・ヴァレンタイン』のミュージックビデオ3本を監督した。そして、これにはジョニー・デップ、ナタリー・ポートマンが出演している。

3本のうち1本は両者が共演しているが、残りは1本ずつ別々に出演している。ジョニー・デップのバージョンのダイジェストがまずオンラインで発表され、残りは4月13日にポールの娘、ステラ・マッカートニーが自身のブランドのLA店で主催するプレミアイベントで公開された。

<The Huffington Post>によると、オスカー賞を獲得した映画撮影技師ワリー・フィスター氏 ( 『ダークナイト』、 『インセプション』) もこのPVの製作に携わっているという。この作品の中でジョニー・デップは、「じきに日が昇る。彼女は正しかった。僕の愛する人、マイ・ヴァレンタイン」というメッセージを手話で伝えている。フルバージョンの映像の中で確認してもらいたい。

『マイ・ヴァレンタイン』フル・バージョンはこちらのページ最下部の動画でチェックしよう。


■関連リンク
ビートルズの2世バンド結成!? これに対してポール・マッカートニーの息子が説明
ポール・マッカートニー、「娘のためにマリファナから卒業した」
ポール・マッカートニー、ティン・パン・アレーの名曲カバーアルバムを来年リリース!
続きを読む