マライア・キャリー、ニュー・アルバムのためにジャーメイン・デュプリとスタジオ入り

<TheBoomBox>によるとマライア・キャリーがついに14枚目となるニュー・アルバムのためにスタジオ入りした模様だ。

今作は、2010年のクリスマス・アルバム『Merry Christmas ⅡYou』を除けば2009年の『Memoirs Of an Imperfect Angel』以来のオリジナル・アルバム。プロデューサーはおなじみのジャーメイン・デュプリとブライアン・マイケル・コックスの2人だ。

作業は既に着々と進行しているらしく、スタジオ内で撮影されたフォトがマライアのツッターでアップされており、デュプリの"So So Def records"レーベルのキャップを被ってふざけてみせている彼女や3人でリラックスしているショット、動画などからは、終始和気あいあいな雰囲気で作業している様子が窺える。

現在のところ、アルバムに関する詳細は明かされていないが、リリースされればヒットするだろうと高い期待が寄せられている。また3人はL.A.リード、ファレル・ウィリアムズとニューヨークで一緒にいる所も目撃されている。ウィリアムズとデュプリのレーベルの新人シンガー、リー・ラベルのサポートのために集まったとのことだ。

マライアがスタジオでジャーメイン・デュプリにインタビューを行っているプライベート映像
続きを読む