ビージーズのロビン・ギブ、昏睡状態から回復

ロンドン(AP)によれば、先日から昏睡状態であったビージーズのメンバー、ロビン・ギブが意識を取り戻し、回復の兆候を示しているとロビンのスポークスマンが伝えているという。

現在62歳のロビンは先日肺炎にかかった後、ロンドンの病院に入院し、先週から昏睡状態に陥っていたが、21日(土)の時点では、うなずくなどの仕草によって付き添っている家族とのコミュニケーションが可能なまでになっていたようだ。

昨年末に胃と腸に問題を抱えて病院を訪れていたロビンだが、<BBC>の報道によると、結腸に腫瘍が見つかり切除されていたいたようだ。

英国生まれ、オーストラリア育ちの3人兄弟によるユニット、ビージーズは、数々のディスコ・ミュージックを生み出しヒットさせた。代表曲に「How Deep Is Your Love」「Stayin' Alive」などがある。


Stars Send Well Wished to Robin Gibb


■関連リンク
ボビー・ウーマック、結腸癌と診断される ブーツィーが報告
ビリー・タレントのドラマー、心臓切開手術から復帰へ
スライストーン、L.A.でホームレス生活を送っていた
続きを読む