ビートルズの '失われていた' コンサート映像がついに公開

ビートルズのドキュメンタリー映画作品『The Beatles: The Lost Concert』がついに全米公開される。

本作はビートルズがアメリカで行なった初のフル・コンサート映像を記録したもので、長らくそのマスター・テープの行方がわからなくなっていたが、ごく最近になって発見されたとして、ファンの間では大きな話題になっていた。

1964年2月、当時大人気だったテレビ番組『エド・サリバン・ショー』に出演した2日後、ビートルズがワシントン・コロシアムで行なったコンサート。これを捉えた映像には、会場の定員数をゆうに超える8000人もの熱狂的な若者達が会場に詰めかけ、ビートルズが演奏する「シー・ラヴズ・ユー」や「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」といった曲に大声をあげる様子などが映し出されている。

その他にも、スティーヴン・タイラーやチャック・ベリー、マーク・ロンソンなどがビートルズの歴史的渡米の瞬間を振り返るといった内容の特別インタビューも納められており、プレミアは5月6日にニューヨークのジーグフィールド・シアターで開催。その後5月17日から全米中450もの劇場で順に上映されるとのことだ。

Sir Paul McCartney on His New Song "My Valentine" (at iHeartRadio)


■関連リンク
ビートルズの2世バンド結成!? これに対してポール・マッカートニーの息子が説明
ロバータ・フラック、ビートルズの名曲をカバー!
ジョン・レノン没後31年、オノ・ヨーコが現在の心境語る
続きを読む