ブラーのグレアム・コクソン、英ホテルでの大火事に遭遇

イングランドに滞在中だったブラーのギタリストグレアム・コクソンが、朝方ホテルで起きた大火事に見舞われ、屋根が崩れ落ちる中で命からがら脱出したことが明らかになった。

<BBC>によると、滞在中の30人がホテルから避難させられるという事態に陥ったようだ。外に避難したグレアムはホテルが焼け落ちる様をツイッターで、「煙の臭いがだんだんキツくなってきたので、ヤバいと思ってホテルから避難したんだ」そして巨大な炎が挙っている場面の写真をアップし、「燃えているのをただ見るばかりだった。どんどんと炎が大きくなってゆく様を見ていると悲惨な思いでいっぱいになったよ」とリアルに現場の様子を伝えている。

この事件で幸い負傷者は出なかったが、土地の市長はこの時期でのこの事件は相当ダメージが大きいと話している。というのもホリデイシーズンの直前、ロンドン・オリンピックやヨット・レースのシーズンを間近に控えており、ホテルは既に予約がいっぱいだったからだ。街にとって非常に重要な時期にこのような宿泊施設を失ってしまったことにはホテル側は「惨事としか言いようが無い」とコメントしている。

■関連リンク
ブラー、21枚組のボックスセットを発売!
レディオヘッド、コーチェラで2時間にも及ぶロングセットを披露

続きを読む