クイーンのロジャー・テイラー、「ホログラムのフレディと共演したくはない」

先月コーチェラ・フェスでトゥパックが復活して以来、音楽業界で大きな話題となっているホログラム。もうこの世にいないアーティストをステージ上で甦らせる事のできる夢の技術だが、クイーンのドラマー、ロジャー・テイラーは「ホログラムのフレディとの共演は正直あまり気乗りがしない」ことを明らかにした。

今年の夏クイーンとしてにポーランド、ロシア、そしてロンドンで計5回のコンサートを開催する予定のクイーンだが、その際にボーカリスとを務める「アメリカン・アイドル」出身のアダム・ランバートよりはホログラムのフレディ・マーキュリーのほうがよ程良いんじゃないかという意見がファン達から挙っていた最中の発言だ。<ビルボード>誌のインタビューでそのように応えたロジャー、「もし他の誰かがホログラムでフレディを復活させたいって言うのなら別にかまわないけど、自分がステージで親友のホログラムと共演したいかといわれたら、正直気が進まない。本物でなければ、ホログラムだろうがなんだろうが意味がない。」

ギタリストのブライアン・メイも、近く上演される舞台『ウィー・ウィル・ロック・ユー』にホログラムのフレディを登場刺せようかと考えたらしいが、後にこの案は却下したという。

なお、現在決定している夏のコンサートに、それ以上の追加公演や活動の延長はあり得るか、との質問に対しては、「ブライアンも僕ももう若くないから昔のように柔軟ではいられないんだ。勿論現在の段階ではなんとも言えないけど、あまりに多くのものにコミットはできないというのが正直な所かな」と話している。ひとまずは予定されている5公演の成功を見てからということであろう。

■関連リンク
クイーン、オフィシャル・トリビュートツアーが5月からスタート
アダム・ランバート、クイーン加入の噂に対し「まだ決まっていない」と否定

続きを読む