ピート・ドハーティ、アート作品をオークションに出典

トラブル・メーカーでタブロイド紙の常連、ロックスターのピート・ドハーティが描いたアート作品がファンに向けてオークションに出されることが明らかになった。

中には故エイミー・ワインハウスと一緒に自分たちの本物の血で描いたという絵画や、歌詞を書き付けていたノート、音楽作品用のアートワーク、"血で書かれたメッセージ"なども含まれている。オークションを開催する"コブ・ギャラリー"は「この有名な人物の最も真摯な作品は、他でもない自分自身の一部」として、一連の"血"で書かれた作品を評しているようだ。

2008年にも「アート・オブ・ザ・アルビオン」というアートショーで作品を展示したことがあるピートだが、その際ある評論家は "血の絵" に激しく不快感を示し、「4歳児でも描けるようなものだ」と一刀両断している。実際、ゴシップ誌を連日賑わしスキャンダラスな話題に事欠かない彼のパブリックイメージと、才能それ自体は別物ながら不可分であり、なかなか正当な評価を下しづらいところだ。

果たして今回のオークション、リバーティーンズのファン向けのただのレア・アイテム直売会なのか、我々の世代で最も才能あふれるクリエイティヴィティの開示となるのか。もっと言うと、ただのカッコつけのジャンキーなのか、少年の心を持つ詩人あり、本物のアーティストなのか? 下のギャラリーで実際に彼の作品の数々を見てあなた自身の目で判断して頂きたい。

17 PHOTOS
Pete Doherty Artwork
See Gallery
ピート・ドハーティ、アート作品をオークションに出典
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る


■関連リンク
ピート・ドハーティ、新たな娘の誕生と「血の絵画」について報告
カート・コバーンの未発表アートワークが公開
続きを読む