レディ・ガガ、シャネルのジャケットで日本を出発 インドネシア公演は中止

来日公演を終えて日本を離れるために成田空港で、ガガはシルバーのラメや刺繍などの施されたシャネルのジャケット姿で登場した。奇抜なファッションで知られるガガ、しかしあの"肉ドレス"以上の話題性のある衣装はそうそうないはずだと我々も期待はしすぎないようにしているのだが、実際最近の彼女のファッションの傾向は何気に悪くない。今回のジャケットもスタイリッシュでクールだ。

6月にインドネシア・ジャカルタでの公演を予定していたガガだが、イスラム過激派団体から「卑猥で挑発的なパフォーマンスと露出の高いファッションは、国のモラルを低下させ若者を悪の道へと導いてしまう」「ジャカルタの街や会場の安全がどうなっても良いというのであれば、このまま公演を決行すれば良い」などとほとんど脅迫に近い猛抗議を受けており、コンサート当日のジャカルタの治安や会場の安全を保障できないことを理由に、結局この公演は中止になってしまったようだ。


東京では熱烈な大歓迎を受けたガガ様だが、国が変れば事情も違う。韓国での一連の騒動も含めて、今回のアジア・ツアーはなかなかスムーズにはいかないようだ。

■関連リンク
ソウル歌姫ジョス・ストーン、'レディ・ガガのルックスはやりすぎ'
韓国のキリスト教団体がレディ・ガガの韓国公演に反対運動
続きを読む