デイヴィッド・リー・ロス、愛犬と共にツアー延期のコメントを発表

オリジナル・シンガーのデイヴィッド・リー・ロスを迎え、再結成ツアー中のヴァン・ヘイレンが、先日突如として夏のツアーを延期することをアナウンスした。


デイヴとエディ・ヴァンヘイレン、アレックス・ヴァンへイレン、そしてエディの息子ウルフガングという一見盤石に見える編成だが、元々ヴァン・ヘイレンは衝突の絶えないバンドとして有名だっただけに、周囲からは「早くもバンド内でトラブル勃発か?」と疑いの声があがっているようだ。

バンドの元シンガー、サミー・へイガーは<共同通信>のインタビューに対して、「あいつら兄弟は本当に付き合っててうんざりする連中なんだ。じゃなかったら俺はまだバンドにいるよ」と話し、今回のツアー延期についても「むしろ俺はもっと早くこんなことになるんじゃないかと思って金を賭けてたんだが、負けちまったぜ」とジョークを飛ばしている。

一方のデイヴは "Public Relations" と題されたビデオ映像を投稿。森の中にある小川の側で愛犬を連れ、オーバーオール姿のリラックスしたモードの彼は、今回のツアーの延期について「スケジュールを詰めこみすぎた」ためだと説明。「いつものように、実際に飲み込める以上の肉に噛み付いちまったってとこかな。バンドは好調だが思った以上に過酷になっちまったんだよ」と話している。

ヴァン・ヘイレンはこの先少なくとも2年はツアーが続く予定。「今俺たちの頭の中にはスタジアム級のビッグなパーティ・イベントの計画があるんだ。そいつを今度は全米中で繰り広げてやろうと思っているのさ」と張り切っている様子のデイヴ。実現を祈ろう。

デイヴ・リー・ロスのコメント動画

■関連リンク
ヴァン・ヘイレン、ギターコンテストを開催中
ヴァン・ヘイレンのデイヴィッド・リー・ロス、観客にキレる
続きを読む