【音楽ニュース早わかり】A・ランバート快挙、ビーバーがツアー発表、K・クラークソンの苦悩

近日の音楽ニュースを一挙ご紹介!


アダム・ランバートのデビュー・アルバム『Trespassing』がビルボード・チャートで初登場1位という快挙を達成した。しかし注目すべきは、オープンなゲイのアーティストがビルボード1位を獲得したのは史上初の出来事だということだ。(アメリカン・アイドル出身アーティストの1位は過去にもあったが)まさに歴史的な快挙なのである。アダムは同性愛専門誌<HuffPost Gay Voices>に対し、「僕がこんな偉業を成し遂げられるなんて! ゲイの同志達に感謝したい。ありがとう!」と語っている。 [HuffPost Gay Voices]

アダム・ランバート「Never Close Our Eyes」のライブ映像はこちらのページから

ジャスティン・ビーバーの新作『Believe』のリリース日はまだ先だが、これに先だって早くも北米ツアーの日程が発表された。46日間に渡るツアーは9月29日にキックオフ予定。 [Us]

ツアーといえば、昨年足のケガが原因でツアーを中止せざるを得なかったジェシー・Jが久しぶりのコンサート日程を発表した。本国UKを廻る14日間のツアーになるとのことだ。 [Jessie J Official]

アダム・ランバートと同じく "アメリカン・アイドル" 出身のシンガー、ケリー・クラークソンの新恋人、ブランドン・ブラックストック(ナッシュヴィルで芸能マネージメントをしている人物で、リーバ・マッケンタイアは継母)がファンの怒りを買っているようだ。<People>誌によると、どうやらケリーは彼のせいで思うように曲が書けなくなってしまったらしい。「本当はヘヴィでタフな曲を書きたいのに、出てくるのは蝶々や綺麗な虹みたいな歌ばかり!もう大変...」とのこと。おそらく彼との幸せな生活が彼女から作曲マジックを奪ってしまったのだろう。もし次のアルバムに "最高の失恋アンセム" が収録されてなかったとしたら、彼はさらにファンを怒らせてしまうかもしれない。 [People]

■関連ニュース
アダム・ランバート、クイーン加入の噂に対し「まだ決まっていない」と否定
ジェシー・J、夏のツアー中止は誤診が原因だった
ケリー・クラークソン、スーパーボウルでの国歌斉唱の裏側を語る


■関連フォトギャラリー
10 PHOTOS
Adam Lambert Sessions Photos
See Gallery
【音楽ニュース早わかり】A・ランバート快挙、ビーバーがツアー発表、K・クラークソンの苦悩
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む