ホイットニー・ヒューストン最後の作品、ジョーダン・スパークスとのデュエット曲が公開

ホイットニー・ヒューストンとジョーダン・スパークスのデュエット曲「Celebrate」がウェブ上で公開された。

「Celebrate」はホイットニー最後のレコーディング作品で、R・ケリーによって作曲されたアップテンポな楽曲だ。ちなみにR・ケリーはホイットニーの葬儀で「I Look To You」を歌っている。

同曲は、1976年に公開された同名の映画のリメイク『Sparkle』のためにレコーディングされた楽曲だが、ホイットニー自身も映画に出演しており、ヴォーカルグループを結成した後、名声とドラッグ中毒の狭間で苦しんでいく3人姉妹の母親を演じている。また3人姉妹の1人として主演するジョーダン・スパークスは映画内でゴスペルも披露している。

ホイットニーは第54回グラミー賞への出演を控えた2月11日にLAのビバリー・ヒルトン・ホテルで死亡しているのを発見されており、3月に検視官から死因が溺死と特定され、同時に直前に摂取したコカインの使用が心臓に負荷を与えていたことが発表されていた。

ホイットニー・ヒューストンとジョーダン・スパークスのデュエットソング「Celebrate」はこちら

関連ニュースの映像
■関連リンク
ホイットニーの遺作映画『Sparkle』、今夏公開
続きを読む