ナスが新曲で親心唄う!愛娘がPVにカメオ出演も

どんな状況下にあっても、娘を育てるのは親にとって大変な仕事だ。もし父親が素晴らしいキャリアを持つ有名なラッパーであったとしたら、それはなおさらのことだろう。

ラッパーのナスはまさにそんな状況の中で大仕事を課せられているわけだが、今回彼がリリースする新曲「Daughters」は、他でもない彼の娘のことを歌った曲だ。そしてPVに、なんとナスの実娘デスティニー・ジョーンズがカメオ出演していることでも話題となっている。

"プリンセス" としてこの世に産まれ、どんどん大人になっていく娘への葛藤や悦びといった心情を描いた曲で、PVでは娘のデスティニーが、幼少期から女性へと成長していく間の様々なシーンが映し出されている。(途中、彼女がベッド脇に置いた大量のコンドームを写真に撮り、自らツイートしてスキャンダルになった実際の出来事を描写した場面も登場)そして最後のシーンは、デスティニーが運転する車のリアミラーに映るナスの姿がだんだんと遠ざかって見えなくなっていく、というなんだか少し切ないエンディングだ。

この感動的なナンバーが収録された、ナスの通算10枚目となるアルバム『Life Is Good』は7月17日にリリースされる予定だ。

「Daughters」のPVはこちらのページから

■関連リンク
ナスの娘、ツイッターでコンドーム・コレクションを公表!
ナス、プロモーターが誘拐され、南アフリカ公演をキャンセル!
続きを読む