マドンナ、ガガのあの曲をカバー! 盗作疑惑が再燃!?

イスラエル・テルアビブ公演に向けてのリハーサル中、自身のヒット曲「Express Yourself」のサウンドチェックしていたマドンナが、突如としてレディ・ガガの「Born This Way」をカバーし始めた。

2つの曲は見事なまでにブレンドするのだが、それもそのはず、過去にガガの "盗作疑惑" が飛び出したほど両曲は酷似しているのである。「Born This Way」がリリースされた直後は特に言及しなかったマドンナだが、後に「ガガの曲を聴いて(私の曲の)リサイクルだと思ったわ。少なくとも私の初期の音楽に彼女が影響を受けているのは間違いないわね」とコメントしている。

そんなわけで、このマドンナが「Born This Way」を歌い出した際にはちょっとした緊迫感が現場に漂ったようだ。かつてグラストンベリーでヘッドライナーとして出演したジェイ・Zがオアシスの「ワンダーウォール」をカバーし、伝統あるフェスでラッパーがヘッドライナーを務めることに対し批判的だったノエル・ギャラガーや音楽評論家達を黙らせてしまった時のような緊迫感だ。

アルバム『MDNA』がビルボード・チャートで初登場1位を獲得して(その後セールスは急降下したが)からというもの、これといった話題のなかったマドンナ。果たして彼女はどういう意図で問題となったガガのあの曲をカバーしたのだろうか? アジア・ツアー中に宗教団体から激しい抗議活動を受け、公演中止が相次いでいるガガに対して「やっぱり女王は私よ」と追い打ちをかけるつもりなのか、それとも純粋に新たなポップスの女王を祝福し、盗作疑惑で盛り上がっている周囲を黙らせようというつもりなのか、真相はわからない。

関連ニュースの映像

■関連リンク
マドンナ、ガガの盗作疑惑に対して言及!「私の曲の素晴らしい復元」
マドンナの新曲リーク事件は身内の犯行!?
【ブログ】ノエル・ギャラガー:日本ツアーあれこれ テレビ番組出演に関しコメントも
続きを読む