思わず優しい気持ちになる! 大きいワンちゃんと小さい子猫が遊ぶ姿特集

大きさが違うから、友達になれないということはありません。それを一番良く知っている、寛容な犬とやんちゃな子猫の映像を厳選ピックアップしました!

かたや、そのサイズゆえ余裕があるせいか、穏やかな性格のケースが多い大型犬。対しては、エネルギーがあり余っていて、針のようにとがった歯と爪を持つ子猫。

正反対のようですが、犬は気長に子猫の相手をします。猫ちゃんが「あっ、それ痛そう〜」と思うようなことをしても、穏やかな対応をするワンちゃん達は、小さい者を慈しむ心を知っています。

1.「ごはんもくれる?」

究極の大型犬とも言える、セント・バーナードのアビーちゃん。柔らかい舌をひっかかれても、決してその大きい足は使いません。そのお相手は、お母さんからはぐれて拾われた、生後4週間の子猫。ごめんネ、そこにおっぱいはありません!

2.「ぶらさがってもいーい?」

よく漫画などではこわい番犬として描かれるドーベルマンですが、忠誠心と忍耐力が強いということで、そういう訓練をしなければ穏やかなものです。この犬もしかり。この猫ちゃん、爪も歯も酷使して顔にぶらさがろうとしますが、どうぞどうぞと言わんばかりに頭を差し出す優しさは拍手もの!

3.「疲れてるんだけど... しょうがないか」

クタクタな様子で休んでいるピットブル・テリア。犬も猫も拾われっ子だそうです。最初はちょっと面倒そうですが、ちょっとヘニャヘニャで情けない子猫の攻撃に練習が必要だと思ったのか、相手をしてあげるところが偉いですね。

4.「手の色的にはおなじだね」

やんちゃな性格と、透き通るような青い目で知られるハスキー犬。慣れない人にはこわい顔かも知れませんが、優しいのは他の犬と同様。これまた白と黒の毛に青い目の猫ちゃんと遊ぶのに、強い足を差し出しはするものの、注意深く踏みつけないようにしています。

5.「新しいソファで遊んだことはママには内緒ね」

最後はもう少し対等な感じのペアリング。犬のほうも遊び好きのブラック・ラブラドールと、クリントン家にいたソックス君にそっくりの、タキシード柄で靴下をはいているような猫ちゃんです。それでも犬が力を加減しているのは明らか。このペースだと、新しいソファが古いソファになる日もそう遠くないかも!?

あなたのお気に入りの犬猫でこぼこコンビはどれですか?

%VIRTUAL-Polls-BJp3pQ%

記事元:HuffPost

■その他のおすすめビデオ
スケートボードに乗る子犬たちのカワイイ姿!
この猫だけは特別かもしれない! 掃除機で気持ち良く腹マッサージされる姿
これにNOと言える女の子はいない!!先週実際におこった伝説作りのプロポーズ!
厳選「子犬 vs 階段」! ドキドキ崖っぷちを下りる気分で初めてのチャレンジ!
白昼堂々、全裸でショッピング! 生まれたままの姿は権利のひとつ!?
素晴らしい度胸!? スカートの中を見せてしまっても放送を続けるリポーター!!

もっと見る
続きを読む