母親になったブランディとモニカ、「授乳」問題をラジオ番組で討論!

過去にライバル関係にあった2人のソウル・プリンス、ブランディとモニカ。大ヒット曲「The Boy Is Mine」でデュエットした際も、どっちが多くのパートを歌うかといったことで張り合っていたようだが、先日リリースされた「IT ALL BELONGS TO ME」で2人は14年ぶりの再タッグを組んでおり、大きな話題を集めていた。


10代の頃から一線で活躍を続けていた彼女たちも今や母親。もともと境遇も似ていることから今となっては良い関係性を築けているようだ。

先日ラジオ番組<Ricky Smily Morning Show>に揃って出演した際、ブランディとモニカの話題は自分の子供に屋外で授乳する際にどうしているかという、なんともプライベートな内容に発展していった。9歳の娘を持つブランディが「公の場なんだし、授乳する時はせめてブランケットは掛けてするべきよね」と主張すると、2人の息子を持つモニカは「ええ!? リスナーのみんな、今の発言はブランディで私の意見じゃないからね!」とコメントし、母親はどこであっても授乳するべきだと反論の姿勢を見せていた。(もちろん、シリアスな喧嘩ごしのトークではないのでご安心を)笑いの絶えない現場で、その後も授乳に関する母親たちの "討論会" が延々と繰り広げられていたようだ。

2人のラジオ番組でのやり取りはこちらのページからチェックできる

■関連リンク
ブランディとモニカ、「The Boy Is Mine」以来の共演曲を発表
再結成したSWV、14年ぶりのニュー・アルバムを4月にリリース!
続きを読む