最後までウォーキングが出来るのか?高すぎるハイヒールを履いて転ぶ美女

オシャレが好きな女性の必須アイテム「ハイヒール」。なぜ自ら足を痛めつけ不安定な思いをしながら歩かなければ...?という殿方の疑問はさておき、足をスラリと細長く見せ、女度が上がる(ような気持ちになる)この黄金アイテムはそう簡単には手放せません。

その歴史には諸説ありますが、起源は紀元前400年のアテネまでさかのぼります。当時は男女問わずファッションの一部として愛用されており、その後、ルイ14世(背を高く見せたかった)やヴェネツィアの高級娼婦(16世紀にチョピンというイスラム風ハイヒールが流行)、フランス中に溢れる汚物対策(16~17世紀頃は町中に糞尿ゴミを捨てていたので、踏む面積を少なくする)など、時と場所を超え人々の生活に少しずつ浸透していきました。さらに現在進行形とも言えるハイヒールとしては、奇抜ファションでお馴染みのポップシンガー、レディ・ガガが履くヒール部分を完全に取り払った"超厚底靴"が世界の注目を集めています。

そんな素敵アイテム「ハイヒール」の魅力を全く活かせなかったのがYahoo!映像トピックスで紹介されているこちらの女性。コートジボワールで開催されたミスコンテストに参加した際、高すぎるハイヒールを履いたため終始ぐらつき、一歩前へ進むたびにゴロンゴロン転びます。

そのあまりにも報われない姿に「もうやめて!」と思わず叫びたくなりますが、うずくまり、顔を覆い隠しながらも果敢に立ち上がりウォーキングに挑むファイトと根性に、次第に感動すら覚えてきました。
最後まで、無事ウォーキングが出来るのでしょうか?

(AOL News編集部)



記事元:Yahoo!映像トピックス

■その他のおすすめビデオ
【Yahoo!映像トピックス】セクシー美女のスカートが吸われたら?
【Yahoo!映像トピックス】目を疑うようなセクシー美女の幻滅行動
ジェシカ・シンプソン、「ハイヒールを履きながらの出産」をあきらめる

今度は靴! ビヨンセ、16万円のハイヒールをお買い上げ!

最新のセレブゴシップ・映画・ファッション情報は【Fabloid】
続きを読む