アデルの歌が奇跡的に昏睡状態の少女を救う! 

今年の4月、アデルの大ヒット曲「Rolling in the Deep」が昏睡状態の少女を呼び覚ますという奇跡のような出来事が起こった。
  
4月13日、脳溢血で倒れ病院に運ばれた7歳の少女シャルロット・ニーヴ。2度に渡る手術のあと昏睡状態に陥り、母・レイラ(31歳)は担当医師に「もう助からない可能性が高い」と悲痛な宣告をされていた。

そして、絶望的な状態でシャルロットの意識が戻らないまま1週間が経ったある日、病院のラジオから「Rolling in the Deep」が流れた。シャルロットがこの曲を大好きだったことを思い出し、ラジオに合わせて口ずさみ始めたレイラ。すると、なんと傍にいたシャルロットの顔に僅かな笑みが浮かんだのだ。

「信じられないことにシャルロットが微笑んだの。何かに反応を示したのは倒れてから初めてのことだった。驚いた看護士たちは私に歌い続けるように促し、私は歌い続けたわ。そしたらあの子、微笑み続けてくれたの! 皆はまるで私があの子の "錠" を解いたみたいだって言っていたわ。それからというもの、みるみる容態は回復していったの」と後にレイラは大きな喜びを<Telegraph>に語っている。この出来事には医師たちも驚きを隠せなかったようだ。

意識を戻した数日後、シャルロットはついに話し始め、ベッドから出られるまでに回復。現在は退院して自宅で療養しており、話したり歩いたりはもちろん、学校に通い、ダンスの授業にも出席できるようになったという。「アデルの歌を聴かせてから僅か1日かそこらで、娘は笑顔を取り戻してベッドに立ち上がるまでになったのよ。本当に奇跡だわ」とレイラ。全てはアデルの歌のおかげだと話している。

奇跡を起こしたアデル。この出来事は、グラミー賞獲得よりももっと素晴らしいエピソードと言えるのでないだろうか。

16歳当時のアデルが撮影された動画


■関連リンク
アデル最新情報はこちら
第54回グラミー賞速報 注目アデルは6部門受賞「アデルイヤー」!
アデルの成功にみるインディーレーベルの先進性
マーク・ロンソン、エイミーの心の闇を語る「彼女はアデルの成功に脅かされていた」

■関連フォトギャラリー
【AOL Sessions】 アデル
1988年5月生まれ。イギリスのサウス・ロンドン出身。
2008年に発売した1st「19」で全英チャート1位、米iTunesアルバム・チャート1位を獲得。2011年発売の2nd「21」は全世界20カ国 で1位となり、トータルセールスが1,400万枚を突破した。重厚でハスキーな歌声に誰もが魅了されるだろう(AOLスタジオ ロサンゼルス、CA)
10 PHOTOS
【AOL Sessions】Adele
See Gallery
アデルの歌が奇跡的に昏睡状態の少女を救う! 

Adele Sessions - AOL Studio Los Angeles, CA

Adele Sessions - AOL Studio Los Angeles, CA

Adele Sessions - AOL Studio Los Angeles, CA

Adele Sessions - AOL Studio Los Angeles, CA

Adele Sessions - AOL Studio Los Angeles, CA L

Adele Sessions - AOL Studio Los Angeles, CA

Adele Sessions - AOL Studio Los Angeles, CA

Adele Sessions - AOL Studio Los Angeles, CA

Adele Sessions - AOL Studio Los Angeles, CA

Adele Sessions - AOL Studio Los Angeles, CA

HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む