【画像&予告編】ティム・バートン監督の長編リメイク版『フランケンウィニー』

『フランケンウィニー』は健在なり!

ティム・バートン監督が1984年に手がけた短編ファンタジー『フランケンウィニー』。今年10月5日に長編リメイク版として全米公開される(日本公開は12月の予定)。

バートンがアニメ映画の監督を務めるのは、2005年の『ティム・バートンのコープスブライド』以来で、「死」から「生」への変化がテーマのようだ。今回の長編リメイク版『フランケンウィニー』では、ヴィクター・フランケンシュタイン(声:チャーリー・ターハン)が死んでしまった愛犬スパーキーを生き返らせるという。

本作ではまた、バートン作品でおなじみの顔ぶれも登場。ヴィクターの陰気なクラスメート、エルザ・ヴァン・ヘルシングの声には、『ビートルジュース』や『シザーハンズ』のウィノナ・ライダーが、そしてヴィクターの母親スーザン・フランケンシュタインの声には、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のキャサリン・オハラが選ばれている。ちょっと意外なのは、常連のジョニー・デップや公私にわたるパートナー、ヘレナ・ボナム=カーターが参加していないことだろうか。

一方、スパーキーのビジュアルにピンとくるものがあるとしたら、それはおそらく、バートン監督が製作を務めた1993年のアニメシリーズ『ファミリー・ドッグ/Family Dog』の主要キャラからかなりのヒントを得たからだろう。

『フランケンウィニー』のフォトギャラリーはコチラからどうぞ。

長編リメイク版『フランケンウィニー』予告編


■関連リンク
ジョニデxウェスタンxフルCGアニメの冒険活劇:「ランゴ」
オトナ女子も号泣。『カンフー・パンダ2』
米コミコンのコスプレVSデザイナーズファッション

■関連フォトギャラリー

14 PHOTOS
A Tribute To Helmut Newton
See Gallery
【画像&予告編】ティム・バートン監督の長編リメイク版『フランケンウィニー』

A Night in Milan, 1985 by Just Loomis

A Night in Milan, 1985 by Just Loomis

Angeline Jolie, 1998 by George Holz

Atelier Sylvie Berry, 1995 by Mark Arbeit

Birdman, Santa Monica, 2000 by Just Loomis

Carla Bruni, 1989 by Just Loomis

Faux Marilyn by George Holz

Helmut Newton in Paris by Just Loomis

Helmut Newton Shooting Lisa Lyons by Just Loomis

Krisha with Seagulls by George Holz

Lily Back, 1997 by Mark Arbeit

Portrait of Helmut Newton by Mark Arbeit

Helmut Newton on Manhattan Beach, 1979 by Mark Arbeit

Woman With Rose Head by Mark Arbeit

HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む