【ブログ】オノ・ヨーコ:私が提唱する「スマイル」プロジェクト

1960年代に#smilesfilmのアイデアを思い付いたとき、特定の何かが頭にあったわけじゃなかった。「よさそうじゃない?」って思っただけなの。


(その後1980年に)夫のジョン(・レノン)が亡くなり、私はとても落ち込んでしまった。鏡で見た自分の顔にも、(悲しみが)現れていたわ。
「これじゃダメだわ」って思ったの。
病気になるか、とても気難しい人になるかもしれない、でもこれじゃあ息子のショーンにとって良くないな、と感じたの。
ここから抜け出さなくちゃいけなかった。

オノ・ヨーコが呼びかける#smilesfilmプロジェクト
「最終目的は世界中の人々の"笑顔"を集めた映画を作ること」


だから毎朝、鏡の前で笑顔を作るようにしたの。
無理やり笑顔を作ったから(最初は)ひどいものだったわ。
でも笑顔を作るにつれ、自然なスマイルになっていったの。
口や目だけじゃなくて、自分の肩やお腹、そして体全体で"スマイル"を表現できるようになったのよ!

「自分は戦いに勝ったんだ!」と思ったわ。
笑顔は私たち全員にとって、どれだけ大切なのかに気付いたの。他の誰かのためじゃなくて、自分自身や自分の健康にいいものなんだってね。
それがすべてよ。
その後すぐに、不可能なプロジェクトだとこれを忘れてしまったの。

そして今、本格的なコンピュータ時代がやって来た。
私たちはこの状況を利用して、世界中を笑顔にできると思うの!

あなたの健康と喜びのため、どうか笑顔を見せて。
私たち全員がこうすれば、地球は天国になる。それを作ったのはほかでもない、私たちなのよ。

愛してるわ! アイラブユー!

ヨーコ

****************************
iTunesからiPhoneアプリをダウンロードし、Smiles Filmのサイトにアクセスしてみましょう。

また、#smilesfilmは6月19日から9月9日まで、ロンドンにあるSerpentine Gallery(サーペンタイン・ギャラリー)での展示会「To The Light」内で公開中です。

#smilesfilmに参加するには、Instagramまたはツイッターにあなたの"笑顔"の写真をアップロード。テキストに#smilesfilmというハッシュタグを付けましょう。ジオタグ(geotag、位置情報)を加えることでマップにも表示されます。

オノ・ヨーコのツイッター

(原文:Smile)
-------------------------------
ヨーコ・オノ
アーティスト



■関連リンク
女優やモデル、女性の権利活動家まで...年を重ねてもなお美しい6人
オノ・ヨーコ、母国の震災や近年の音楽活動を語る[AOL Music]
ジョン・レノン没後31年、オノ・ヨーコが現在の心境語る[AOL Music]

■関連フォトギャラリー

20 PHOTOS
第7回CFDA/ヴォーグファッション基金アワード
See Gallery
【ブログ】オノ・ヨーコ:私が提唱する「スマイル」プロジェクト
HIDE CAPTION
SHOW CAPTION
of
すべて見る
スライドに戻る
続きを読む