ブラック・キーズ、CMで楽曲が無断使用され、ピザハットとホーム・デポを訴える

ブラック・キーズの楽曲が "Pizza Hut(ピザハット)" と大型ホームセンター・チェーン "Home Depot(ホーム・デポ)" のCMで無断使用されたとして、バンド側はこの2企業に対し「ブラック・キーズはピザや工具類の広告塔になった覚えは無い」と主張し、放映の停止と7万5000(約598万円)ドルの損害賠償をそれぞれに求めている。

ホーム・デポは「Lonely Boy」を、ピザハットは「Gold in the Ceiling」をそれぞれボーカル抜きのバージョンで使用しており、調査した結果、それぞれのCMを制作した制作会社は法的な許諾を怠っていたという。また、この2曲が収録された最新作『El Camino』をプロデュースしたデンジャー・マウスもバンドと同様、両企業を訴えている。

両企業の広報はこの訴えに対し「知的所有権を侵害してしまった事実を重く受け止めている」と謝罪の姿勢を見せているが、CM制作サイドは未だバンドとデンジャー・マウス側に対し公式な返答はしていない。

今や国民的なバンドとなったブラック・キーズの楽曲を無断で使用したこともそうだが、ここまで大規模な有名企業がCMでの権利問題をクリアしていなかったと言う事実にもまた驚かされる。

■関連リンク
ザ・ブラック・キーズ、インタビューでニッケルバックをディスる!
ブラック・キーズ、またもお騒がせ発言! 「ニッケルバッグより酷いバンドはいる」
コートニーご立腹、子供向け映画『マペッツ』がニルヴァーナの曲を無断使用!?
続きを読む