「Tubthumping」で有名なチャンバワンバが解散発表!「再結成はないだろう」

「I get knocked out, but I get up again」というサビを聴けばピンと来る人も多いだろう。1997年に世界中を席巻した大ヒット曲「Tubthumping」で知られるチャンバワンバが、ついに解散を表明した。30年近いキャリアの間で15枚のアルバムをリリースした彼らは、「そろそろ潮時。散らかした部屋を片付けないとね!」と長い解散表明文をウェブ上に掲載している。

「終わリにしようと思う。盛大でお涙ちょうだいな解散ライブも、再結成もなし! 30年分のアイデアやメロディ、繰り返し行なったミーティングやヨーロッパ・ツアー、記者会見、大合唱、ダダイズムもとにかく全部ここで終わるんだ」と始められた表明文には、「これまでも議論や話し合いが繰り広げられ、その間フラストレーションや不満が募ったり、皆のたうち回っていたことは確かさ。それでも僕らは互いへの親愛と笑いを忘れないバンドだ」とバンド内での不和や緊張感があったことを認める内容もあったが、それらはあくまで解散の直接的な原因ではないようだ。

そして最後に、「どんちゃん騒ぎだったな。暴動のような、嵐のような30年間だった。でもそろそろ散らかした部屋を片付けて、皆それそれの未来へ進まなければね」と締めくくられている。

まだ年内にいくつかのライブを予定している彼らだが、将来的に再結成する可能性は今のところかなり低いようだ。

■関連リンク
R.E.M.、HP上で突然の解散を発表
ローリング・ストーンズ、来年グラストンベリー参加後に解散!?
スパイス・ガールズ、ロンドン・オリンピックで復活!
続きを読む