パラシュートが開かずにそのまま地に落ちていった男性の悲劇

見るからに高いところからの落下ですが、彼を待ち受けていたものはなんでしょうか


...命知らずなロシア人だったようですが、どうやら奇跡的に助かったとのことです。

彼が落ちた距離は120メートル。なんとロンドンのセント・ポール大聖堂(高さ111メートル)より高いジェンプ台でした。7秒かけて落ちている間、パラシュートが開かず、頭の中に何がめぐったでしょうか。

ラッキーなことに、深い雪がクッションになって、脊椎、骨盤と脚を骨折したもの命に別状はなかったそうです。

記事元: AOL

■その他のおすすめビデオ
ロンドンの新名所、欧州一の高層ビル「シャード」の全建設過程を1分で拝見!
おいしそうでも飲んじゃダメ! ストロベリーシェイク色の不思議な湖、ラック・ローズ
プロも拍手! 赤ちゃんを片手に抱きファウルボールをナイスキャッチしたMLBファン!!
進化し過ぎたムーン・ウォーク。この男、重力に逆らい過ぎ!
世界一短い花火大会!? まさかの点火ミスで、18分のショーがたった15秒に!
オーストラリアの峰不二子!? 「巨乳強盗デュオ」指名手配中!

もっと見る
続きを読む