コートニー・ラブ、元スタッフから起訴される

コートニー・ラブの元スタッフが、給料未払いと非道徳な要求をしたとしてコートニーに対して訴訟を起こしたことが明らかになった。

元スタッフのジェシカ・ラブリーは2010年から2011年にかけて1年程コートニーの管理スタッフを務めたが、給料と出張の経費が未払いであることを告げると不当に解雇されたとし、今回不当解雇、給料未払い、契約違反について訴訟を起こした。また、これによって頭痛、不眠症などに悩まされたともしている。

さらにコートニーがジェシカに対しハッカーを雇って書類の改ざんをするように要求したが、ジェシカはこれを拒否していたことも弁護士から報告されている。

これについてコートニー側はコメントを発表していない。

■関連リンク
カートとコートニー、ドキュメンタリー映画の中で未発表曲をデュエット
コートニー・ラヴ、ホールの元メンバー達と15年ぶりに共演
続きを読む